リウマチは早めに治療開始しましょう

リウマチとは関節の痛みや腫れや変形などすることによって、多かれ少なかれ日常生活に支障をきたす恐れのある病気です。

初期の段階の症状としては、関節の痛みや微熱。

朝起きると体がこわばるなど、一見すると「軽い風邪かな?」

「疲労のせいかな?」

とリウマチとはすぐに判断しかねるものです。

ですが、こういった症状のほか、関節の腫れ・・・特に左右腫れ方が違うとか3か所以上腫れがあるような症状が1週間ほど続くようでしたらリウマチを疑い病院に行きましょう。

リウマチと診断されれば治療に入ります。

早期発見と早期治療というのが長引かせないために大切なことになります。

この病気ははっきりとした原因が解明されていません。

したがって予防法というのも難しいところです。

30代以上の女性に発症しやすいですが、10代や20代の若い世代でも男性でも発症の可能性はあります。

すこしでも疑われるようなら早めの治療が賢明です。

もし違っていたのならそれはそれで安心できるでしょう。

関節の痛みや腫れなどが続き、リウマチかな?

と自分で疑うようになったら早めに病院に行き診断と治療を受けましょう。

初期の段階の症状は判断しにくいものですが、こちらを参考に現在の症状をチェックしてみてください。

リウマチ治療の始め方を見るならココ!

こうした症状が1週間ほど継続されるようでしたら可能性はあります。

早めの診断で適切な治療を行い進行しないようにしましょう。

リウマチ科のある病院や整形外科へ行き診察してもらいましょう。

現在はインターネットで簡単に病院の情報や口コミや体験談なども確認できます。

検査を受けて診断という事になりますが、その検査とはX線での関節の確認、血液検査によるリウマトイド因子の陽性反応の確認を行い診断します。

リウマチは昔から原因不明で予防法もない、完治が難しい不治の病と言われてきましたが、医学の進歩によって解明はされてませんが、免疫の異常というのにかかわっていることが分かってきていたり、バイオテクノロジーを使った薬物治療やリハビリ方法も行われており、治らない病ではなりつつあります。

Comments are closed.